ヴェゼルのタイヤサイズは?おすすめタイヤまとめ

<目からウロコ特集>
→新車を安く買える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

みなさん、タイヤって1年中同じのを履いていますか?それとも夏用・冬用分けていますか?雪の降る地域では雪が降る前に、スタッドレスタイヤに履き替えて、雪が降っても大丈夫なように準備しますよね。

今回はホンダヴェゼルのタイヤサイズからおすすめタイヤまで紹介します。参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

【ヴェゼル】タイヤとホイールの標準サイズは?

引用:ホンダ公式HP

ヴェゼルには、新車購入時に「215/60R16」「215/55R17」「225/50R18」の3つのサイズのタイヤが標準装備されています。

タイヤサイズ

タイヤサイズ

<215/60R16>

  • 2WD 1.5 ハイブリッド 
  • 4WD 1.5 ハイブリッド
  • 2WD 1.5 ガソリン車 G 
  • 4WD 1.5 ガソリン車 G 
  • 2WD 1.5 ハイブリッド X 
  • 4WD 1.5 ハイブリッド X 
  • 2WD 1.5 ガソリン車 X 
  • 4WD 1.5 ガソリン車 X 

<215/55R17>

  • 2WD 1.5 ハイブリッド Z
  • 4WD 1.5 ハイブリッド Z 

<225/50R18>

  • 1.5 ハイブリッド RS・Honda SENSING
  • 1.5 ガソリン車 RS・Honda SENSING
  • 1.5 ガソリンターボ車 TOURING Honda SENSING

ホイール

インチ

ハイブリッド車

ガソリン車

ガソリンターボ車

標準装備タイヤとホイール

16インチスチールホイール

+スチールラジアルタイヤ

+フルホイールキャップ

ハイブリッドベーシック

ガソリン車G

16インチアルミホイール

+スチールラジアルタイヤ

ハイブリッド車X

ガソリン車X

17インチアルミホイール

+スチールラジアルタイヤ

ハイブリッド車X

17インチアルミホイール(スポーツタイプ)

+スチールラジアルタイヤ

ハイブリッド車Z

18インチアルミホイール(ブラック塗装)+スチールラジアルタイヤ

ハイブリッド車RS

ガソリン車RS

18インチアルミホイール(グレー塗装)+スチールラジアルタイヤ

ガソリンターボ車

TOURING

 

ヴェゼルはガソリン車、ハイブリッド車別に数種類のグレードがあることがわかります。そんな各グレードの価格や特徴はこちらから見ることができます。

ヴェゼルの人気グレードはどれだ?!グレード別に比較しました!!

 

【ヴェゼル】標準装備のタイヤはどこのメーカー?

ヴェゼルの購入時に装着されているタイヤはダンロップのOEMです。

ダンロップのOEMってどんなタイヤか見ていきましょう。

OEMタイヤと一般市場向けタイヤとの違いは?

新車に装着されているタイヤは、新車にマッチングするようにチューニングされたタイヤです。

新車メーカーの操縦安定性、乗り心地、騒音、転がり抵抗等の性能要求を満たして装着されております。

これに対して一般市場向けタイヤは、「VEURO」ならプレミアムコンフォートタイプ、「DIREZZA」ならスポーツタイプというように、特長を出したタイヤです。 また、車種を絞らない汎用的なチューニングになっております。

引用:ダンロップ公式HP

  • 16インチ

ダンロップのエナセーブ EC300+

エナセーブ EC300+
リム径
(インチ)
扁平率
(%)
タイヤサイズ
16 60 215/60R16 95H

チューブレスタイヤです。

引用:ダンロップ公式HP

  • 17インチはスポーツタイプのタイヤ

SP SPORT MAXX 050

SP SPORT MAXX 050
リム径
(インチ)
扁平率
(%)
タイヤサイズ
17 55 215/55R17 94V

チューブレスタイプです。

引用:ダンロップ公式HP

  • 18インチは16インチと同じシリーズ

エナセーブ EC503

エナセーブ EC503
リム径
(インチ)
扁平率
(%)
タイヤサイズ
18 50 225/50R18 95V

チューブレスタイプです。

引用:ダンロップ公式HP

が装着されています。17インチはスポーツタイプなので、16インチと18インチとは別のシリーズです。

 

スポンサードリンク

【ヴェゼル】おすすめタイヤは?

ヴェゼルのカスタム事例画像 chikaさんの2018年12月09日13:02の投稿 1枚目

ヴェゼルの標準装備のタイヤもヴェゼルに合わせて選ばれた純正タイヤなのですが、新車で買って走ってみると乗り心地が気になる方も出てくるのでは?

喜富(よしと)
ホンダはどちらかというと硬めのセッティングだっていうから、乗り心地は悪いってよく聞くな。
英凪(えな) 妻
そんなに硬いの?
喜富(よしと)
そうらしいよ。走行性とか操作性を先に考えているって聞いたことがある。だから乗り心地とか静寂性を求めるならタイヤを変えたり、サスを変えたりした方がいいのではって言われているんだ。

元々硬めのセッティングをしていると言われているホンダ車に乗ってみて、乗り心地が気になるという方は思い切ってタイヤを交換してみるという手もあります。

タイヤを交換して乗り心地が変わったという方も多数おられるので、やってみても損はないのではないでしょうか。

せっかく買ったのに、乗り心地がイマイチという方はタイヤ交換も視野に入れてみてくださいね。

それでは今売れ筋タイヤからヴェゼルに合うタイヤを見ていきましょう。

【ヴェゼル】16インチのおすすめは?

ヴェゼルは16インチと17インチ、18インチの3種類を使用しています。まずは16インチから見ていきますね。

16インチ:

  • DUNLOP LE MANS V
  • グッドイヤー EAGLE LS2000 Hybrid Ⅱ
  • DUNLOP LE MANS4 LM704

の3つが上位に入っています。

DUNLOP LE MANS V

【走行性能】
レグノGR XIとの比較になります。 
低速中速は確実に路面をグリップして快適走行です。 路面からの振動がレグノよりも静かになりました。
なんの不満もありません。

100km/hr程度の高速走行もとても静かです。 高速コーナーの旋回能力も快適です。タイヤのグリップがソフトです。
100+αkm/hrの高速コーナーでは少し沈み込みを感じますが、安定して旋回します。
レグノとの違いは、レグノよりもよりソフトなフィーリングに感じます。

【乗り心地】
レグノと同じか、或いはレグノよりもソフトな感じ。 ただし、レグノはスリップサインが出ている程度にすり減っている状態と新品のルマンの比較になるので。

とにかく、ソフトで静かです。

【グリップ性能】

高速コーナーでも安心して走行できます。

【静粛性】
静かです。 吸音スポンジが効いていると思います。
レグノよりも静かな感じ?

【総評】
2017年にリリースされた新しいタイヤです。 流石に研究され尽くしている良いタイヤだと思います。

引用:価格.com

グッドイヤー EAGLE LS2000 Hybrid Ⅱ

  • 未知のタイヤで正直不安はありましたが、実際使って1000㎞ほど走りましたがまったく不満はありません。むしろ、価格の割にはしっかりしたタイヤという印象です。それまでのレグノと比べると格が違うのでしょうが、実際はそれほどの差を感じません。
  • ブリヂストンの高級タイヤと比べたら、流石に見劣りしますが、所詮は消耗品。
    軽く走ったところでは、特に気にする事無くスムーズに走行できました。ブレーキングは、普段からポンピングブレーキをしているので、下手な車の制動距離よりは安全に止まれました。まだ新しいから、シッカリと路面をとらえてくれてます。
    この値段なら、毎年交換しても良いくらいです。

引用:価格.com

2006_1214_01

グッドイヤー EAGLE LS2000 Hybrid Ⅱ

DUNLOP LE MANS4 LM704

  • メーカー:ホンダ
    ●車名:ヴェゼル タイプS(2015年マイナーチェンジ/リア振幅感応ショックアブソーバー対応)
    ●純正ホイール:純正スポークタイプ(17インチ/7J)
    ●純正タイヤ:ダンロップ、スポーツマックス(215/55/17インチ)

    ●変更ホイール:インターミラノ、レイジーM7(16インチ/6.5J)
    ●変更タイヤ:ダンロップ、ルマン4/LM704(215/60/16インチ)

    ●変更理由:乗り心地改善
    ●効果所感:一部に体感できないという方々もおられますが、突き上げ感の減少、左右揺れ感の減少、インチダウン+コンフォート系での効果は絶大です。
    ヴェゼルで乗り心地改善には効果ありと思います。

静かで乗り心地良く安心ブランドでかつお安く、、ということで探し、各社プレミアム系タイヤと色々検討しました。
交換取付ということで空気圧を高めにセットしてお店を出ると・・・。ちょっと跳ねる感じだし、ロードノイズも何と無くモーっと鳴ってる感じで、やっぱりプレミアム系じゃ無いとダメだったかな、、、思いつつ、しばらくしてから空気圧を指定の230kPaに戻したら、激変!。
しっとりと非常に乗り心地よく、ロードノイズも気にならない程度となり非常に良い感触になりました。
空気圧で結構乗り味が変わるもので、ビックリです。使用レビューを色々見てますが、入れている空気圧で印象が結構違うタイヤもたくさんあるんじゃないかなーって感じです。
以前、別のクルマでレグノGR8000を付けていたことがありそれとの比較で言えば、ロードノイズの絶対的音量としてはさすがにレグノのほうが静かですがその差は全然気にならない程度で、むしろ乗り心地、段差のショックなどはこちらのほうが柔らかく良い感じのため、こちらほうがしっとりとしている印象です。走行性能とかグリップは極々普通の運転なので全く問題ないレベルで、価格差を考えればLM704で全然OKです。

引用:価格.com

という口コミがありました。タイヤを変えただけで乗り心地が激変した方もいますね。

英凪(えな) 妻
タイヤって大事なのね。
喜富(よしと)
うん、まずは空気圧の調整で様子見て、それからタイヤ交換してみるって手順かな?
英凪(えな) 妻
そうね。タイヤはお試しできないしね。試乗してもタイヤの良し悪しって1回くらいじゃわからないだろうし…

次は17インチの上位売れ筋3位までのタイヤを見ていきます。

【ヴェゼル】17インチのおすすめは?

17インチでの上位に入っているヴェゼルのサイズに合うタイヤは

  • YOKOHAMA BluEarth RV-02、
  • DUNLOP LE MANS V、
  • ブリヂストンREGNO GR-XⅡ

の3メーカーのタイヤです。早速この3種類のタイヤの評価を見ていきましょう。

YOKOHAMA BluEarth RV-02 

純正タイヤのダンロップスポーツマックスからの交換です。
【乗り心地】
以前は固い乗り心地と跳ねるので、運転していて疲れました。
極端な感想かもしれないですが、本当に別の車なのかと思うほど良くなりました。

路面の荒れた所でも、軽くいなしてくれるので、安心して運転できます。

なによりも、女房が車酔いしなくなったのが嬉しいです。

引用:価格.com

DUNLOP LE MANS V

VEZELハイブリッドZが10万キロをこえたので、履き替えました。特にZの17インチ装着車はうるさいと酷評だったため、各所静音化をしておりましたが、さらに静かになった感じです。(はっきり言ってCH-Rに乗せられたときは、その静かさと乗り心地の良さに感動し、マイVEZELもなんとかそれに近づけたいと思いました。)

【走行性能】
メーカーうたい文句のとおり。

【乗り心地】
段差を超えた際の収まりが凄くやわらかな感じ。ショック音も抑えられて、乗り心地UPに貢献している。

【グリップ性能】
大したグリップ感は感じないけど、おとなしく高速道路をクルーズするには十分。雨の日はあまり飛ばしたくはならない。(グリップ感をドライバーに主張しない)

【静粛性】
以前の純正スポーツマックスがうるさすぎた。以前ストリームでルマンは4も試したが、ゴーじゃなくシャーと走る感じでロードノイズの音質がいい。

【燃費】
純正タイヤ+1.5km/Lってところか。取り替えたのが10月だったので夏場はもっと伸びるかも。

【総評】
これを履くとなぜスポーツマックスが純正採用されているのか理由がわからない。あのゴツゴツ感が好きな人がいるのかも。スポーツタイヤを履くような車じゃないのに。

HONDAヴェゼルの純正タイヤは、ダンロップのスポーツマックス2で、ロードノイズが兎に角凄いです。
こちらは、同じダンロップでも全然違います。履き替えて正解でした。

引用:価格.com

TOYO TRANPATH mpZ 

走行性能: 前回がスポーツタイヤだっただけにやはり、コーナーではライン一本膨らむ感じです。ストレスはありません

乗り心地: ミニバン用なのかマイルド。直線でもフワッと感もあります、やはりエコタイヤです。

グリップ性能: アウトバックの性能がいいのか雨でもまったく問題はありませんでした。

静粛性: いろんな音を拾いますが80kまでは問題はありません。高速道路では高い周波数の音が速度に比例して入ってきます。2018年製でまだゴムが柔らかいからでしょうか?

総評: 
 40Kでお釣りが来る国産タイヤに惹かれました。結果満足で、毎日の普段遣いには安心感とこれ以上無いコスパではないでしょうか、燃費性能についてはまた後日追記したいと思います。ネットで買って持ち込みOKの車屋さんも増えてきましたしタイヤ選びが楽しくなりました。

引用:価格.com 

【ヴェゼル】18インチのおすすめは?

18インチの売れ筋上位はどうでしょうか。

ヴェゼルに合うサイズで上位に入っているタイヤは

  • TOYO TRANPATH mpZ
  • YOKOHAMA BluEarth RV-02
  • ブリヂストン REGNO GRVⅡ

です。

英凪(えな) 妻
18インチもメーカーが分かれたわね。
喜富(よしと)
ヴェゼルはこれっていうレビューもあるよ。

TOYO TRANPATH mpZ

  • 昔からミニバンにはトランパスが頭一つ出てましたけれど値段もBSと同等か高かったです。最近はこちらのサイトを含めて安く手に入るようになって助かります。特にトーヨーは最近安くネットで売られていますネ。使用感は柔らかい感じになったようでそれに伴ってショルダーが以前の物より減るような感じがします。
  • 全体的に見て及第点だと思います。業者さんからも言われましたが、ミニバンは旋回する際に必ずと言っていいほど片減りするものだそうなので組み換えなどしっかりしながら対応してくださいとのことでした。ミニバンには左右非対称タイヤ、はベターな選択であったのだと思います。

引用:価格.com

英凪(えな) 妻
ヴェゼルはミニバン用のタイヤでも大丈夫なのね。

YOKOHAMA BluEarth RV-02

  • まだ2000キロ足らずしか走っていないマイチェン後のヴェゼルですが、おそらく燃費を稼ぐために装着したと思われる純正のエナセーブの乗り心地がカチカチでブレーキも効きにくいので、思い切ってこのサイトで評判の良いブルーアースに履き替えました。
    結果は大正解で、はっきりと分かる程柔らかな乗り心地となり、ブレーキもしっかりと効くようになりました。燃費は結構落ちるのかと思いましたが、それほど変わっていないようです。
    やはりタイヤはドライブフィールに大きく影響するものだと改めて感じてます。
  • BluEarth RV-01を3年半乗りましたが、最近タイやの溝がなくなりパンクを2回続けてなったので、12月には価格の交渉が出来るので12月まで交換をやりたくなかったのだが、これから行楽シーズンなので、思い切って交換しました。色んなメーカーを模索してましたが、結局またBluEarth RV-01になりました。(不満がなかったので)BluEarth RV-01の後継モデル(バージョンアップした)BluEarth RV-02 225/50R18 95V を見つけたので、早速、購入しました。かなり全体的に良くなっていました
    BluEarth RV-02 とBluEarth RV-01の比較すると、どちらも良い製品ですが、RV-02 の方がトータル的にランクが上です。特に大きく良くなったと感じたのが、ふらつき防止や静粛性向上です。かなり走行中に、こもる様な音が軽減されました。ウェットグレード「a」にUPされて制動距離に差がでました。まだ慣し走行中なので、1万Km走行して再度レビューします。今の所は大変満足してます。良い製品だと思います。

引用:価格.com 

ブリヂストン REGNO GRVII

他メーカーのタイヤ等と悩みましたが、妻(整備)の後押しで購入。私自身、クルマ好きな一般ドライバーですが、走行時のロードノイズは低減され、むしろ風切り音が気になったくらいです。地元の実店舗でいくつか見積もりを出してもらいましたが、組み換え等やって12~14万円。今回組み換えをディーラーでお願いして(8000円)も10万円でお釣りが来たのでかなりお得に交換できました。ちなみに、私はあまり気にしませんでしたが、18年の5週目の物が届きました。

引用:価格.com  

英凪(えな) 妻
ブルーアースっていうタイヤよく出てくるわね。
喜富(よしと)
そうだね。比較される時にはよく出てくるタイヤだね。いいタイヤみたいだよ。

 

【ヴェゼル】タイヤをインチアップ

こちらは、インチアップしたオーナーさんの画像です。ヴェゼルはやはり標準よりインチアップして乗るのがおしゃれなんでしょうか?

喜富(よしと)
カーチューンでの意見でもヴェゼルは19インチか20インチくらいのタイヤがよく似合うっていってます。

 

 

 

ヴェゼルのカスタム事例画像 てずさんの2019年03月17日21:47の投稿 2枚目ヴェゼルのカスタム事例画像 てずさんの2019年03月17日21:47の投稿 3枚目

 

スポンサードリンク

【ヴェゼル】タイヤをインチダウンする理由?

やはり、雪の降るところでは冬タイヤに履き替えますよね。

そんな時は、インチダウンしたスタッドレスタイヤを履くことはよく聞きますが、このカーチューンのオーナーさんは5インチもダウンしたそうです。

英凪(えな) 妻
5インチでももとが大きなタイヤに替えてたら、標準に戻したってことよね?
喜富(よしと)
そうだね。ヴェゼルって21インチくらいのタイヤ結構入れている人多いみたいだから、5インチダウンで標準サイズに戻っただけだね。

 

 

まとめ

  • ヴェゼルには、新車購入時に「215/60R16」「215/55R17」「225/50R18」の3つのサイズのタイヤがグレードごとに標準装備されている
  • ヴェゼルは標準装備されているタイヤよりも、タイヤ交換したほうが乗り後心地がU良くなる。
  • ホンダは硬めのセッティングなので、標準装備のタイヤだと車酔いする人も出てくる。
  • ヴェゼルはインチアップしたほうが見栄えが良いようだ。
  • スタッドレスを履くときはインチダウンしてスタッドレスと履き替えるが、サイズは標準に戻したくらいの大きさである。

ヴェゼルに乗っている方で乗り心地がイマイチと感じているかたは、今回口コミを見ていると、タイヤ交換で改善された方が多かったので、一度試してみてもいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ヴェゼルのことをもっと知りたい方はこちらのヴェゼルの関連記事もご一緒にどうぞ。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA